14 9月

休日の空き時間が使える会社設立後の雑務

会社を設立する事には、フリーランスとして働いていた頃にはない利点が得られます。会社組織になると社会的信頼が増し、仕事が得やすくなります。また税金面での利点もあって、仕事の規模が大きくなったのであれば会社の設立が視野に入ります。しかし一方で、会社設立後には行う必要がある運営上の雑務も増えます。会社経営のための書類作成や各種手続きに、仕事以外の時間や手間がかかります。クライアントのために行う本来の業務を続けつつ、会社経営に伴う新たな負担があります。

そこでフリーランスの立場で働いていた時以上に、会社設立後は時間の使い方には工夫が必要です。工夫の方法の一つに、休日の空き時間を利用して書類作成や整理を行う習慣を身につけると、時間が有効に使えます。隙間の時間を見つけて活用できるかが、フリーランスから会社設立のためのコツです。一日や一週間のスケジュールを再確認してみると、無駄にしている時間も意外と多いのが分かります。活動内容を振り返って、空き時間を集めてみると、会社運営のための雑務を行う時間も十分に確保できます。

会社の設立は忙しいから無理と考えているフリーも、普段の仕事やプライベートの時間の使い方について、振り返ってみる価値はあります。時間の使い方の工夫で参考になるのは、他の経営者たちの休日のスケジュールです。優れた経営者たちが、休日の時間をどのように使っているのかが分かると、自身の会社経営でも応用できます。それ以外にも、事前に起業後をイメージして対策を練り、会社設立実現のためのノウハウを得ておくことが成功へと繋がります。